認定補聴器専門店 (有)久留米補聴器センター| きこえについて

認定補聴器店 久留米補聴器センターお電話でのお問合せはコチラまで 0120-39-8633 TEL0942-39-1133 FAX0942-39-1169 無料おためしキャンペーン開催中 西鉄久留米駅 徒歩3分

トップページトップページ当店について当店についてきこえについてきこえについて補聴器について補聴器について取り扱い取り扱いお問合せお問合せQ&AQ&Aブログブログ

きこえについて

きこえと難聴1分で出来る!きこえのチェック

きこえと難聴


聴力は大切な感覚機能です。私たちは聴力によってコミュニケーションを図り、方向を確認し、身の安全を守っています。
聴力も視力と同じように、年齢や騒音にさらされるなどの環境によって低下していきますが、自然な現象であり、これは耳の機能と深く関係しています。

kikoe_23.gif耳の聞こえの仕組みと難聴の種類

耳の構造

伝音難聴


音を伝える伝音系の障害で起こります。
一般的に音を大きくすれば聞き取りやすくなります。


感音難聴


内耳から脳に至る感音系の障害で起こります。
小さな音は聞こえにくく、大きい音は響いてしまうことがあります。
また、言葉がわかりにくくなることもあります。


混合難聴


伝音難聴・感音難聴の両方が交じり合った症状です。



ページトップへ ▲

1分でできる!きこえのチェック

4つの質問に答え、自身のきこえを確認してみましょう。

質問1
● 会話をしている時、しばしば聞き返すことがある。

● 小さな話し声や、ささやき声が聞き取りにくい。

YES

NO

質問2
● 隣の部屋や後方での会話に気がつかないことがある。
● 時々、テレビやラジオの音が大きすぎると注意される。
● 話を正確に聞き取れないのに、相づちを打つことがたびたびある。

YES

NO

質問3
● 電話の声が聞き取りにくいことがある。
● 銀行、役所、病院などで名前を呼ばれても、聞き逃すことがある。
● 非常に大きな声での会話のみ聞き取れる。

YES

NO

質問4
● 大きな声で正面から話をされても、聞き取れないことがある。

● 目の前の電話のベルが聞き取れない。

YES

NO